概 要

「東南アジアにおける持続型生存基盤研究」は2011年から開始された「ライフとグリーンを基軸とする持続型社会発展研究のアジア展開」という文部科学省の特別経費による国際的に卓越した教育研究拠点の充実を目指した事業です。

現在のアンバランスな政治・経済のグローバル化と地球環境問題を克服するために、東南アジアの特性に応じて蓄積された「地域の知」を活用した研究教育を展開し、持続型生存基盤を東アジア学術共同体構想を支える理念として強化します。

そのために以下の研究を推進するとともに研究体制の構築を進めます。

 

  1. 地域社会ネットワークの公共資産化をカギ概念として、社会関係資本・社会基盤強化と超国家的地域再編に焦点を当てて、多元共生社会研究を推進。
  2. 熱帯バイオマスのグローバル資源化をカギ概念として、熱帯バイオマス社会と地球益のグローカル連環に焦点を当ててバイオマス社会研究を推進。
  3. 日本のリーダーシップのもと、東南アジアや東アジアとの学術コミュニティの連携を強化するために、持続型生存基盤研究セミナーの現地開催、大学院教育推進、研究成果国際共有化システムの開発・整備、持続型生存基盤研究アジア・コンソーシアムの設立に取り組む。

Search

Event Calendar

« 12月 2016 » loading...
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1