フィールドステーション

京都大学の地域研究関連部局は、研究者や学生の持続的社会発展研究の拠点として、世界各地にフィールドステーションを設けてきました。各ステーションは、現地機関との共同運営により、共同での研究・教育活動を行っています。日本の研究者、学生ばかりでなく現地の大学や研究機関の研究者や学生等の研究教育を積極的に支援し、京都大学のネットワークを拡大・充実させています。ワークショップやシンポジウムを共同で開催し、それは研究成果を現地に還元する場ともなっています。東南アジアにおいてはこれまで、マカッサル(インドネシア)、ホーチミン(ヴェトナム)、プノンペン(カンボジア)、ヴィエンチャン(ラオス)、イェジン、ヤンゴン(ミャンマー)がありましたが、新たにプカンバル(インドネシア)とクチン(マレーシア)にも設立しました。これらのフィールドステーションを一層活性化し、ステーション間の相互連携推進をはかり、京都大学の教育研究活動をより国際的に発展させていきます。

本事業は大学院生の大学院生派遣助成支援も行っています。

 

map »

Search

公募・お知らせ

Event Calendar

« 12月 2016 » loading...
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1